20世紀を代表する彫刻家イサム・ノグチは、モニュメント、庭や公園などの環境設計、家具や照明のインテリアから、舞台美術までの幅広い活動を行った、きわめてユニークな芸術家です。1956年、初めて庵治石の産地である香川県の牟礼町を訪れたノグチは、1969年からは五剣山と屋島の間にあるこの地にアトリエと住居を構え、以降20年余りの間、NYを往き来しながら石の作家である和泉正敏をパートナーに制作に励みました。

イサム・ノグチ庭園美術館は、この地が未来の芸術家や研究者、そして広く芸術愛好家のためのインスピレーションの源泉になることを強く望んでいたノグチの遺志を実現したものです。150点あまりの彫刻作品はもとより、自ら選んで移築した展示蔵や住居イサム家、晩年制作した彫刻庭園など、全体がひとつの大きな「地球彫刻」、あるいは環境彫刻となっています。出来うる限り、生前の雰囲気そのままで環境そのものを公開し、専門的な調査・研究のためのアーカイブ(資料研究空間)となっております。ジャンルを超えた宇宙的でコスモポリタンな、開かれたノグチの世界像を心ゆくまで味わっていただきたいと思います。







2016.4.6.

2016年11月17日(木)は、財団行事の為、特別閉館させていただきます。

> Calendar



2016.3.28.

Museum Shop にて「ヨネ・ノグチ物語 野口米次郎自伝」を販売開始いたしました。

> Museum Shop



2016.1.18.

2016年の開館カレンダーをアップいたしました。

> Calendar




リンクを張られる際には、当美術館まで必ずご連絡下さい。
当館ホームページ上のすべての記載内容(文章・画像)の無断転載を禁じます。

Please inform us if you include a link to this Museum website on another website.
Unauthorized reproduction of any text or images used in this website is prohibited.