イサム・ノグチ
(1904ロサンゼルス−1988ニューヨーク)

    英文学者で詩人の野口米次郎と、作家レオニー・ギルモアとの間に生まれ、少年期は日本で育つ。渡米した後、彫刻家 を志し、アジア・ヨーロッパを旅して見聞を広めた。パリでは彫刻家ブランクーシの助手をつとめる。ニューヨークに居を定め、肖像彫刻、舞台美術をへて環境彫刻やランドスケープ・デザインにまで幅広い活動を開始する。戦後は日本でも陶器作品や、和紙を使った「あかり」のデザインなどを行う。また丹下健三、猪熊弦一郎、勅使原蒼風、北大路魯山人、岡本太郎など当時の前衛芸術家たちと交流して刺激を与えあう。その後、アメリカ国内外の各地で、彫刻、モニュメント、環境設計を続け、文字通り「地球を彫刻した男」と呼ばれる。1985年には、ニューヨークにイサム・ノグチ・ガーデン・ミュージアムを開館する。


Noguchi working on MU for the Shin-banraisha.
Keio Uniiversity, 1950








    代表作には、慶応義塾大学「新万来舎」(1950)、広島の平和大橋(1952)、パリのユネスコ本部の庭園(1958)、大阪万博の噴水(1970)、デトロイトの公園「フィリップ・ハート・プラザ」(1979)、東京の草月会館ロビー「天国」(1977)、テキサスのキンベル美術館「星座」(1982)、コスタ・メサの彫刻公園「カルフォルニア・シナリオ」(1982)、フィラデルフィア「ベンジャミン・フランクリンのためのモニュメント」(1984)、ヒューストン美術館の彫刻公園(1986)、ヴェネチア・ビエンナーレの滑り台「スライド・マントラ」(1986)、高松空港「タイム・アンド・スペース」(1989)、札幌大通り公園の滑り台「ブラック・スライド・マントラ」(1992)、札幌モエレ沼公園(2005)など。





英文学者である野口米次郎と、作家レオニー・ギルモアとの間にロサンゼルスで生まれる。



母と日本に移住。



アメリカの学校に送られる。



Noguchi at the Billy Rose Sculpture Garden during construction
(Israel Museum, Jerusalem, completed 1965) photo by R.M. Kneller



ニューヨークのレオナルド・ダ・ヴィンチ美術学校の彫刻クラスで学ぶ。



デザイン・美術アカデミーのサロン展に出品し始める。



グッゲンハイム奨学金を受けてパリに行き、彫刻家コンスタンチン・ブランクーシの助手をつとめる。



パリに戻り、北京に旅して斉白石に墨絵を習う。
京都でテラコッタの彫刻を制作。



マーサ・グラハムの舞踏団のために初めて舞台装置を制作。
メキシコで公共市場の壁面レリーフを制作。









ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにアトリエを構える。
さまざまな素材で彫刻を作り、家具や照明器具などのデザインを行う。



Noguchi examing stones for Unesco in Japan, c.
photo by Jun Miki




ボーリンゲン財団奨学金を得て、ヨーロッパ・アジアを旅する。
日本では岐阜ちょうちんを新たな「光の彫刻」に再生させた「あかり」のデザインを開始。また北大路魯山人のもとで陶器の彫刻を制作。



パリのユネスコ本部の庭園が完成。



ニューヨークのロング・アイランド・シティに、アトリエを設ける。



庭園、遊園地(プレイグラウンド)、公共広場などのデザインなど、環境設計を続ける。



ニューヨークのホイットニー美術館で回顧展を開催。
自伝「イサム・ノグチ ある彫刻家の世界」(翻訳は、1969年美術出版社刊、小倉忠夫訳)を出版。



香川県牟礼町に、アトリエを築く。



8エーカーにおよぶ、デトロイトの「フィリップ・ハート・プラザ」を設計・制作する。東京の最高裁判所・中庭、パーム・ビーチのフォー・アーツ協会、シカゴのアート・インスティテュートなどに石の泉や噴水などを作る。
東京の草月会館ロビー「天国」を制作。


ニューヨークのロング・アイランド・シティにイサム・ノグチ・ガーデン・ミュージアムを開館。
ヴェニス・ビエンナーレのアメリカ館に出品。



マイアミの「ベイ・フロント・パーク」、コスタ・メサの「カリフォルニア・シナリオ」の設計・制作を開始。
ニューヨークにイサム・ノグチ・ガーデン・ミュージアムを開館する計画を進める。


ロナルド・レーガン大統領から、国民芸術勲章を受ける。



ロサンゼルスの日米文化コミュニティー・センター・プラザ、酒田の土門拳記念館、フィラデルフィアの「ベンジャミン・フランクリンのためのモニュメント」、ヒューストン美術館の彫刻庭園などの仕事を完成。


勲三等瑞宝章を受勲。高松空港にモニュメント「タイム・アンド・スペース」と札幌市郊外「モエレ沼公園」のマスター・プランに着手。
12月30日ニューヨークで死去。





リンクを張られる際には、当美術館まで必ずご連絡下さい。
当館ホームページ上のすべての記載内容(文章・画像)の無断転載を禁じます。




museum@isamunoguchi.or.jp